馬パラチフス試験管凝集反応法の改良 Improvement of Tube Agglutination Test for Serodiagnosis of Equine Paratyphoid

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

馬パラチフスの試験管凝集反応法について, 希釈液の種類および抗原の希釈倍数による抗体価の差異を検討した. 生理食塩液で血清を希釈, 15倍希釈抗原を用いて試験管凝集反応を行ったところ, 感染馬由来血清10例はすべて1: 1, 280以上, 健康馬由来血清1, 056例はすべて1: 640以下を示した.50℃ 2時間反応させた後4℃ で18時間静置して判定する方法は, 37℃ で18時間反応後に判定する方法に比べて, より明瞭な凝集像を得ることができた.

The tube agglutination test for serodiagnosis of equine paratyphoid gave different results depending on diluent of test sera and antigen concentration. Using physiologic saline as serum diluent and a 1: 15 dilution of antigen, out of 1, 066 serum samples, 10 from infected horses showed positive titers of 1: 1, 280 or higher, while others from noninfected horses did titers of 1: 640 or lower. Agglutination pattern was more clearly seen after heating of the reaction mixtures at 50°C for 2 hr and then keeping at 4°C for 18 hr than incubating at 37°C for 18 hr.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 48(12), 945-948, 1995-12-20 

    日本獸医師会

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018942640
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    3644045
  • NDL 刊行物分類
    RB82(畜産--家畜--馬)
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ