哺乳牛の壊死桿菌症の1例 Necrobacillosis in a Suckling Calf

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

急死した9日齢の黒毛和種1頭の剖検で, 第一胃粘膜に大小不同の不整形潰瘍, 肝臓被膜下に米粒~ 小豆大膿瘍が散在し, 腸間膜リンパ節は腫脹していた.病理組織学的には, 第一胃粘膜潰瘍部に好中球浸潤および線維素血栓, 肝臓に膿瘍, 線維素血栓などが認められた.第一胃潰瘍部と肝膿瘍には免疫組織化学的検査で<I>Fusobacterium necropkorum</I>抗原が顕著に検出された.

An acutely dead 9-day-old calf showed irregular shaped necrotic foci in the ruminal mucosa, subcapsular hepatic abscesses from rice-grain to red bean in size and enlarged mesenteric lymph nodes at autopsy. Histopathology revealed infiltration of neutrophils and fibrinous thrombi in ruminal ulcers as well as abscesses and fibrinous thrombi in the liver. The ruminal ulcer and hepatic abscesses were strongly positive by immunostain for <I>Fusobacterium necrophorum</I> antigen.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 48(11), 856-859, 1995-11-20 

    日本獸医師会

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018942885
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    3644119
  • NDL 刊行物分類
    RB83(畜産--家畜--牛)
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ