住肉胞子虫による豚の横紋筋病変 Prevalence of Sarcocystic Nodules in the Striated Muscle of Slaughtered Pigs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1990年1月~1993年12月に, 沖縄県のと畜場に搬入された繁殖豚49, 630頭中267頭 (0.54%) の全身および一部の横紋筋に住肉胞子虫によると思われる小結節病変がみられた.病変は中・南部地域に多発し, 逐年的に増加する傾向がみられた.帯黄白色結節の内部は粘稠チーズ様あるいは砂粒状を呈し, 病理組織学的には, 中心部が石灰化あるいは壊死した肉芽腫であった.検索した105例中3例の結節中心部に死滅した<I>S. miescheriana</I>の変性したシスト壁が観察された.

Nodular lesions within the striated muscle supposedly due to sarcocystis infection were detected in all or a part of body in 267 of 49, 630 (0.54%) breeding sows slaughtered in Okinawa Prefecture from January 1990 to December 1993. The affected cases were distributed all over the prefecture increasing in number year by year, and the prevalence rate seemed to be higher in the central and southern Okinawa. The nodules were yellowish white in color with cheeseous or sand like contents and were of granulomatous lesion histopathologically. The degenerated cyst wall of <I>S. miescheriana</I> was seen at the center of nodules in 3 of 105 cases examined.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 48(11), 897-899, 1995-11-20 

    日本獸医師会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018942957
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    3644135
  • NDL 刊行物分類
    RB84(畜産--家畜--豚)
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ