脳疾患犬における血清クレアチンキナーゼ-BB活性値の上昇 An Elevation of Brain-type Creatine Kinase Isoenzyme in Dogs with Brain Disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

脳疾患を疑う犬15頭および正常犬7頭について, 循環血中のクレアチンキナーゼ (CK)-BB活性値の変化を比較検討した. 脳波検査において高振幅徐波が出現した症例群は有意に高い活性値を示し, CK-BB活性値の上昇と脳実質の進行性崩壊との関連が示唆された.

A total of 22 dogs, 7 apparently healthy and 15 with brain diseases, were examined for brain-type creatine kinase (CK-BB) isoenzyme in serum. CK-BB was significantly higher in cases with high-voltage slow activity (HVSA) in EEG, suggesting that the elevation of the isoenzyme might be correlative with the presence of progressive, destructive lesions in the brain.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 48(7), 491-494, 1995-07-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018943475
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    3631322
  • NDL 刊行物分類
    RB86(畜産--家畜--犬・猫)
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ