持続性心房停止をともなった特発性右房拡張症の犬の1例 A Canine Case of Idiopathic Enlargement of the Right Atrium Accompanied with Persistent Atrial Standstill

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

チャウチャウ系雑種雄犬 (1歳4ヵ月齢) が腹水と徐脈を主徴として来院した. 高度の心拡大をともなう特発性心房停止を認め, 利尿剤投与と腹水の穿刺除去を継続したが, 11ヵ月の経過で死亡した. 剖検では高度の右房拡張が, 病理組織学的検査では心房の脂肪線維化が認められ, 基礎疾患として特発性右房拡張症が考えられた.

A male dog of mixed Chaw Chaw, aged 1 year and 4 months, showed persistent atrial standstill and marked cardiomegaly with ascites and bradycardia, and died after treating with diuretics and peritonocentesis for 11 months. Gross observation has shown marked enlargement of the right atrium. Histpathology revealed atrial adipofibrosis, and persistent atrial standstill might be due to idiopathic enlargement of the right atrium.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 48(7), 501-504, 1995-07-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018943520
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    3631304
  • NDL 刊行物分類
    RB86(畜産--家畜--犬・猫)
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ