低酸素症による猫の視覚消失の1例 Blindness due to Hypoxia in a Cat

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

手術中に低酸素症による心停止に陥り, 心肺蘇生後, 刺激に対する激しい異常反応を示した4歳齢の雄猫が, 意識混乱, 瞳孔散大, 起立不能, 後弓反張, 頭部振戦, 視刺激による瞬目反射の消失などを示し, 脳全域でほとんど脳波成分を認めなかった. 神経障害は徐々に回復したが, 視覚消失および脳波異常は蘇生後3年まで残存した.

A 4-year-old male cat receiving cardiopulmonary ressuscitation after cardiac arrest because of hypoxia during operation showed severe neurologic symptoms such as confusion, mydriasis, astasia, opisthotonus, head tremor, and loss of menace reaction and less electroencephalogram (EEG) potentials. While the neurologic symptoms gradually recovered in three years, the blindness and less EEG potentials remained.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 48(5), 331-334, 1995-05-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018943742
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    3618462
  • NDL 刊行物分類
    RB86(畜産--家畜--犬・猫)
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ