兎の偽眼瞼球癒着症の1治療例 Treating of a Rabbit with Pseudosymblepharon

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

角膜周囲結膜が角膜上に増生してカメレオン・アイとなり, 一部が癒着した偽眼瞼球癒着症 (pseudosymblepharon) の家兎において, 両眼の増生結膜を切除し, その切除法と結膜の再増生, 癒着の程度を比較検討したところ, 増生結膜反転縫合術が他の術式より癒着を抑える上で優れ, mitomycin C点眼液の併用は多少とも有効であると思われた.

A rabbit case of bilateral pseudosymblepharon with chameleon eye and partial adhesion was subjected to three operative procedures, which were compared in degrees of the resulting conjunctival hyperplasia and adhesion. The inversion suture of hyperplastic conjunctiva proved to be superior to the other procedures in suppressing adhesion with delayed time of conjunctival hyperplasia. Combined use of mitomycin C seemed to be recommended.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 48(5), 335-337, 1995-05-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018943750
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    3618299
  • NDL 刊行物分類
    RB81(畜産--家畜)
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ