豚のクマリン中毒 Coumarin Poisoning in Pigs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

肥育豚15頭 (110~115日齢) が, 破行, 眼球突出, 関節の腫脹を呈し, そのうち6頭が死亡した.剖検では, 眼窩, 頸部, 上腕部, 内股部, 四肢肢端に出血と凝固不全の血塊を認め, 病理組織所見では筋膜下および筋間の出血が著明であった. クマリン系殺鼠剤の中毒が疑われ, 中毒物質であるクマテトラリルを高速液体クロマトグラフィーで分析したところ, 死亡豚の肝臓から0.7~0.8ppm, 腎臓からは0.1ppmのクマテトラリルが検出され, クマリン中毒と確定診断した.

Fifteen fattening (110-115 day-old) pigs presented with exophthalmos, articular swelling, and lameness and 6 of them died. At necropsy, hemorrhage with hypocoagulable clots was seen at the orbital, cervical, brachial and inner thigh regions and extremities. Histopathologically, remarkable subfascial and intermuscular hemorrhage was observed. By high performance liquid chromatography, 0.7 to 0.8ppm and 0.1ppm of coumatetralyl were detected from the liver and kidneys of dead cases, respectively. From these results, the coumarin poisoning was con firmed.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 48(1), 18-20, 1995-01-20 

    日本獸医師会

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018944212
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    3909386
  • NDL 刊行物分類
    RB84(畜産--家畜--豚)
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ