馬の肝臓セロイド・リポフスチン沈着症 Ceroid-Lipofuscinosis of the Liver in Horses

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

と畜検査においてみられた4例の馬の表面および割面全体が黒色を呈する肝臓について病理組織学的検索を行ったところ, 肝細胞およびKupffer細胞内に黄褐色ないし暗褐色の色素顆粒が認められ, 0.02%ナイル青染色 (pH2.8), ロイコマラカイト緑染色等の特殊染色によりセロイド・リポフスチン沈着症と診断され, 要因としてビタミンEなどの栄養素欠乏が示唆された.

Black-colored livers in four slaughtere horses were histopathologically revealed to have yellowish-brown granules in hepatocytes and Kupffer cells. Histochemically they were suggested to be of ceroid and lipofuscin pigment probably due to vitamin E deficiency.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 48(1), 49-51, 1995-01-20 

    日本獸医師会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018944269
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    3909313
  • NDL 刊行物分類
    RB82(畜産--家畜--馬)
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ