野生イノシシにおける Sarcocystis 感染 Sarcocystis miescheriana Infection in Wild Boars

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

埼玉県, 群馬県および福島県で捕獲されたイノシシ100頭中7頭の心筋と横隔膜筋から<I>Sarcocystis</I>のシストが検出され, シストの形態学的特徴と宿主特異性から<I>S. miescheriana</I>と同定された. 生鮮シストの大きさは450~2, 120×115~140μmで, シスト壁は厚さ4~6μmで柵状構造がみられ, 走査電顕像ではシスト表面に多数のviilar protrusion (長さ4μm, 幅1μm) が柵状に並んでいた.シスト感染生肉を犬 (6ヵ月齢) 2頭に投与したところ, 9日後の糞便に胞子形成オーシストおよびスポロシスト (12~13×10μm) の排泄が認められた.

Seven of 100 wild boars (<I>Sus sucrofa</I>) captured in Saitama, Gunma and Fukushima Prefectures, Japan, were positive for Sarcocystis cysts by light-or electron-microscopy. Fresh mature cysts from the diaphragm and heart were 450-2, 120×115-140μm in size, and the cyst wall 4 to 6μm thick showed a palisade-like structure. Scanning electron microscorsy revealed mamy villar protrusions 4μm in length and 1μm in width on the cyst surface. Nine or more days after ingestion of the infected boar muscle, two 6-month-old dogs excreted oocysts and sporulated sporocysts 12-13×10μm in size, in the feces. Based upon the Size and fine Structure of cysts and host Specificity, the detected species was identified as S. miescheriama Kuhn, 1865.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 51(11), 679-682, 1998-11-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018948343
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4596526
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ