ミンクアリューシャン病における肝内胆管の病理組織学 Histopathology of Intrahepatic Bile Ducts in Minks with Aleutian Disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

臨床的にアリューシャン病 (AD) と診断された10例 (アリューシャン系9例, 非アリューシャン系1例) および健康なアリューシャン系1例のミンク (6~18カ月齢), 計11例の肝内胆管について, 病理組織学的に検討した. AD例の肝臓に共通して胆管増生と形質細胞増殖がみられたが, 増生胆管の上皮細胞は病理組織学的に正常肝内胆管に類似し, 免疫染色ではcytokeratin 18に陽性であった. しかし, AD例の増生胆管上皮細胞は抗ヒト癌胎児性抗原陽性を示し, 電子顕微鏡的には著しく変形して不規則な管腔を備える腺管構造を形成していた.

Intrahepatic bile ducts were histopathologically studied, in 6- to 18-month-old minks, with clinically diagnosed Aleutian disease (AD), (10 cases: 9 of Aleutian line and 1 of non-Aleutian line) as compared to one case without disease. The liver of AD-affected cases showed proliferation of bile ductules and plasma cells. Histopathologically, the proliferated epithelial cells were similar to those of normal bile ductules and positive for cytokeratin 18. Ultrastructurally, however, the tubular structure was markedly deformed with poorly differentiated lumen and the epithelium was positive for carcinoembryonic antigen.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 51(8), 417-420, 1998-08-20 

    日本獸医師会

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018948675
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4536249
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ