猫の交叉性融合腎の1例 A Feline Case of Crossed Renal Ectopia with Fusion

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

血尿を繰り返していた猫 (チンチラ種, 11カ月齢, 雌) において選択性動脈造影により, 腹腔右側に融合腎が認められ, 1本の腎動脈と腎盂が2ヵ所に造影された. 開腹により, 塊状の交叉性融合腎および小尿膜管憩室が認められたが, 腎静脈および尿管は2本あり, 左右卵巣および子宮は正常であった.

An 11-month-old female Chinchilla cat with recurrent hematuria, was shown to have a fused kidney in the right peritoneal cavity by selective arteriography, showing a single renal artery and two renal pelvises. Laparotomy revealed crossed renal ectopia with fusion morphologically similar to the human lump kidney and a small allantoic diverticulum. The both renal veins and urethrae were normal as well as the ovaries and uteri.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 51(7), 365-367, 1998-07-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018948866
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4523742
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ