無症状ビーグル犬における透明中隔欠損をともなう両側性側脳室拡大例 Absence of Septum Pellucidum in a Clinically Normal Dog

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

頭部磁気共鳴画像 (MRI) 検査を行った臨床的に異常のないビーグル犬22頭中1頭に, 串程度の両側性側脳室拡大と部分的な透明中隔欠損を認めたが, 剖検では脳実質に異常は認められず, 病理組織でも側脳室内圧亢進を示唆する所見は得られなかった. MRIでの透明中隔欠損や両側性側脳室拡大の所見が側脳室内圧亢進によるか否かは, 慎重に検討する必要があると思われた.

Moderate enlargement of bilateral ventricles and partial absence of septum pellucidum were detected in one of 22 clinically normal Beagle dogs using magnetic resonance imaging (MRI). No abnormalities of the brain were seen at autopsy and histopathology revealed no findings related to high intraventricular pressure, suggesting that evaluation of the neurological signs and increased intraventricular pressure should be carefully determined in canine cases lacking septum pellucidum and with enlarged bilateral ventricles.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 51(7), 368-370, 1998-07-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018948874
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4523743
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ