独居老人の犬猫に対する意識調査 Consciousness of the Alone Lived Old for Owning the Dog and Cat

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

独居老人348名を対象に, 犬猫の飼育に関する意識アンケート調査を行った. 犬あるいは猫を飼ったことがある対象者の76%が, 動物の飼育により何らかの精神的効果を感じ, 70.2%が犬あるいは猫は自分の子供や友人のような存在であると答えた. しかし, 自らの飼い犬が他人に迷惑をかける可能性を自覚している者は少なかった.

Questionaires were addressed to alone lived old men to see their consciousness for owning the dog and cat. Some mental effects of raising animals were confessed by 76% of the objects, and 70.2% answered that the animals were regarded as their own children or friends. However, only a few owners were conscious that their own dogs might trouble the others in some cases.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 51(5), 265-266, 1998-05-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018949129
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ