犬および猫の外傷性股関節脱臼に対するフレキシブル外固定法の応用 Flexible External Fixation for Traumatic Craniodorsal Coxofemoral Luxations in Dogs and Cats

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

外傷性股関節上方脱臼を呈した犬2頭および猫1頭にフレキシブル外固定を実施した. 脱臼を観血的に整復後, 腸骨体に1本および大腿骨頭近位に1本のピンを刺入して股関節の安定を図り, 輪ゴムで2本のピンを締結した. 全例とも術後再脱臼はなく. 術後2週にピンを除去した.

A flexible external fixation was performed following surgical reduction of coxofemoral luxation in two canine and one feline cases. Two pins were inserted at the corpus of ilium and the great trochanter, respectively, and they were connected by a flexible band. At 2 weeks postoperation, the pins were removed, and no recurrence was seen in any cases.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 50(12), 722-724, 1997-12-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018949884
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4381389
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ