乳牛の後肢球節の突出, いわゆるナックルに対する矯正法 Treatment of Forward Knuckling of the Fetlock Joint of Hind Limb in Dairy Cows

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

乳牛の産後起立不能症あるいは難産, 大腿部挫傷などに継発した後肢球節の突出, いわゆるナックルを生じた症例, 計18例に対して, 著者考案による更科式ナックル矯正具 (NC: ナックルケア) を球節部に平均13日間装着したところ, 装着直後から負重および起立肢勢の改善が認められ, 効果を判定できた15例で, ナックルが完全に矯正された. NCは, 臨床現場で短時間に着脱ができ, ナックルによる負重困難な状態を速やかに軽減させる有効な補助療法であり, 弾力を持たせて保持しながら自然な運動を繰り返すことで回復を図るリハビリ的要素を取り入れた半固定による矯正法の有効性が示された.

An own-devised attachment "Knuckle-Care" was applied to 18 dairy cows with forward knuckling of the fetlock joint of hind limb following dystocia, postpartum recumbency or the gastrocunemius muscle injury. In all 15 cases in which the follow-up studies were possible, knuckling was corrected within 13 days on the average. "Knuckle-Care" characterized by ready attachment, and delicate adjustment, was shown to be a validity of flexible support with an effective rehabilitation treatment.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 50(10), 577-582, 1997-10-20 

    日本獸医師会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018950087
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4335250
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ