キャテリーにおける皮膚糸状菌症の発生 Occurrence of Dermatophytosis in a Cattery

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

26頭飼育のキャテリーにおいて14頭に発疹が認められ, 全頭から<I>Microsporum canis</I>が分離された. イトラコナゾール経口投与とクロルヘキシジンシャンプーによる薬浴を全頭に行い, 各室間の移動を禁止し, 掃除機による徹底的な清掃, クロルヘキシジン消毒, 抗菌スプレーの散布を行つたところ, 3週後に発疹は消退し, 14週以降はマッケンジーブラシ法による真菌培養陰性となった. しかし, 集塵器を用いた真菌培養を全頭について実施したところ, 26頭中4頭が陽性を示したので, 陽性猫を隔離し, 全身勇毛とともに同様の治療を継続したところ, 治療開始後20週以降真菌培養は陰性となった.

Dermatophytotic lesions were recognized in 14 of 26 cats in a cattery, and <I>Microsporum canis</I> was isolated from all the animals using the Mackenzie brush technique. After 3 weeks of treatment, with itraconazole (5mg/kg, SID) and chlorhexidine shampoo and mopping and spraying of the rooms with chlorhexidine and an antimicrobial agent, skin lesions of affected cats were improved and all cats were shown to be negative for fungal cultures after 14 weeks of treatment. Using an air sampler, however, 4 cats still showed positive fungal cultures, which turned negative after 20 weeks of treatment.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 50(6), 341-343, 1997-06-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018950675
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4258547
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ