家庭飼育のチンチラに発生した Salmonella Enteritidis による敗血症 Setic Infection of a Companion Chinchilla with Salmonella Enteritidis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

家庭で飼育され, 虚脱状態となり死亡したチンチラ (Family <I>Chinchillidae</I>) の主要臓器と小腸内容から<I>Salmonella</I> Enteritidisが分離された. 病理学的には, 壊死性腸炎, 肝臓の巣状壊死, 脾臓小血管・腎糸球体における多発性血栓, 髄膜炎および左眼の汎眼球炎等が認められ, 免疫組織化学的に病変部および腎臓・心臓の細菌塊にサルモネラ抗原が検出された.

Of a companion chinchilla that fell in collapse and died, <I>Salmonella</I> Enteritidis was isolated from the major organs and intestinal contents. Pathologically, necrotic enteritis, focal necrosis in the liver, in the renal glomeruli and spleen microvascular thrombosis, meningitis and panophthalmitis were observed, and immunohistochemically, salmonella antigen were detectable in the lesions and bacterial clumps in the kidneys and heart.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 50(6), 345-348, 1997-06-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018950682
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4258548
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ