ばんえい競走馬咽喉頭部の内視鏡所見 Endoscopy of Laryngopharynx in Draft Racing Horses

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

調教あるいはレース出走中などの運動負荷時に吸気性雑音 (喘鳴音) が聴取されたばんえい競走馬63例について, 安静時の咽喉頭部内視鏡検査を行ったところ, 全例において何らかの異常所見が認められた. 56例 (88.9%) に喉頭片麻痺, 50例 (79.4%) に咽頭部リンパ過形成, 6例 (9.5%) に軟口蓋背方変位, 1例 (1.6%) に披裂軟骨炎が認められ, 咽頭部リンパ過形成は年齢が低いほど発生率が高く, 重度であった.

Sixty-three draft racehorses having abnormal breath sound during exercise were subjected to endoscopy of the laryngopharynx at rest, revealing abnormal findings in all cases. Laryngeal hemiplegia, pharyngeal lymphoid hyperplasia, dorsal displacement of the soft palate and arytenoid chondritis were detected in 56 (88.9%), 50 (79.4%), 6 (9.5%) and 1 (1.6%) horses examined, respectively. The prevalence and degree of pharyngeal lymphoid hvperplasia decreased with age.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 50(5), 268-270, 1997-05-20 

    日本獸医師会

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018950756
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4217708
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ