猫の下垂体腺癌の1例 Pituitary Adenocarcinoma in a Cat

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1週間前からクシャミ, 鼻水がでるとの稟告で来院したペルシャ猫, 雄, 6歳齢で下垂体腺癌がみられた. 第235病日に開口呼吸を示し, X線検査で軟口蓋から硬口蓋にかけて頭蓋底部から口腔側へ突出, 鼻咽頭を狭窄させる陰影を認め, 第287病日に死亡した. 剖検では, 脳底部実質から頭蓋底部を貫通して軟口蓋に達する腫瘍を認めた. 組織学的に, 多角形, 好酸性の腫瘍性腺上皮細胞が脳実質底部へ浸潤していた.

A 6-year-old male Persian cat was presented with a 1-week history of sneezing and nasal secretion. The cat developed dyspnea and respiration with the opening mouth on the 235th day of the condition. Radiography revealed epipharynx narrowed by a mass protruding from the skull base to the oral cavity, and the patient died 52 days after this presentation. At autopsy, the tumor was shown to penetrate the base of skull reaching the palatum molle. Histologically, the tumor composed of polyhedral eosinophilic cells infiltrated into the brain tissue, diagnosed as pituitary adenocarcinoma.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 50(5), 282-284, 1997-05-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018950814
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4217712
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ