輪状咽頭筋機能障害による嚥下困難を呈した犬の1例における同筋切開術の有用性 Usefulness of Cricopharyngeal Myotomy for the Oropharyngeal Dysphagia in a Dog

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

離乳時から嚥下困難を呈した雄のパピヨン種5ヵ月齢, 体重1.1kgに対して, X線透視像ビデオ撮影検査を行った. 輪状咽頭筋の弛緩が悪く, 咽頭の収縮と輪状咽頭筋の弛緩に協調性が認められなかったことから, 輪状咽頭筋の機能障害と診断した. この症例に対し, 輪状咽頭筋切開術を実施したところ, 良好な経過をたどった.

Videofluorographic swallowing studies were performed on a male, 5-month-old Papion, weighing 1.1kg, which showed dysphagia after weaning. Fluorography revealed cricopharyngeal muscle malfunction due to deficits in relaxation of the cricopharyngeal muscle and incoordination between pharyngeal contraction and cricopharyngeal relaxation. After cricopharyngeal myotomy clinical improvement was achieved.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 50(3), 165-167, 1997-03-20 

    Japan Veterinary Medical Association

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018951061
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    4161401
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ