痙攣重積発作後の自咬症により舌に外傷性線維腫が生じた1例 A Case of Bilateral Traumatic Fibromas on Tongue Caused by Self-biting Behavior after Status Epilepticus

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本口腔診断学会雑誌 = Japanese journal of oral diagnosis/oral medicine  

    日本口腔診断学会雑誌 = Japanese journal of oral diagnosis/oral medicine 9(2), 369-373, 1996-10-20 

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018952359
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10072548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09149694
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ