後頸部に弾丸が停留した顔面銃創の1例 A case of a facial gunshot wound with a bullet retained in the posterior cervical region

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Because gun possession is illegal in Japan, gunshot wounds are rare as compared with Western countries. We describe our experience with a patient who had a gunshot wound. The bullet entered the left upper lip, penetrated the faucial isthmus along the left buccal mucosa, and was retained in the posterior cervical region.

収録刊行物

  • 日本口腔外科学会雑誌  

    日本口腔外科学会雑誌 51(6), 299-302, 2005-06-20 

    Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018955073
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189163
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215163
  • NDL 記事登録ID
    7403590
  • NDL 雑誌分類
    ZS44(科学技術--医学--歯科学・口腔外科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-145
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ