ケータイメールが中学生の友人関係に及ぼす影響 : 首都圏5公立中学校における調査 The Impact of Keitai E-mail on the Junior High-School Students' Friendship in Tokyo Metropolitan Area

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 上別府 圭子 KAMIBEPPU Kiyoko
    • 東京大学大学院医学系研究科家族看護学分野 Department of Family Nursing, School of Health Sciences & Nursing, Groduate School of Medicine, Univ. Tokyo
    • 杉浦 仁美 SUGIURA Hitomi
    • 東京大学大学院医学系研究科家族看護学分野 Department of Family Nursing, School of Health Sciences & Nursing, Groduate School of Medicine, Univ. Tokyo

抄録

日本のモバイル技術は世界の最先端にあると言われ, 「ケータイ」(日本の携帯電話・PHS) は国際語になるほどユニークな使われ方をしているメディアであるという。ケータイの使用とコミュニケーションの相互関係については研究が少ない上, 心理発達上, 同年代の友人関係が特に重要な時期とされる中学生における実態はほとんど知られていない。筆者らは, 中学生のケータイの所持および使用の実態を明らかにし, ケータイが友人関係や心理面, 生活面に与える影響に関する中学生の意識や, メールの使用頻度との関連について検討することを目的とし, 質問紙調査を実施した。対象は首都圏の5公立中学校の2年生651名であり, 学級担任を通じて生徒に説明し, 同意を得た生徒に対して授業内に実施した。有効回答者578名 (有効回答率88.8%, 男子304名, 女子272名) のうち, ケータイ所持者は285名 (49.3%), 非所持者は293名 (50.7%) で約半数がケータイを所持していた。電話としての使用頻度は少なく, 比較的近くにいる友人との非用件 (いわゆるおしゃべり) のメール使用が中心で, その使用頻度は『1日に11通以上』の者が148名 (54.3%) と過半数であった。もともと友人の多い生徒が, ケータイを頻繁に利用しており, 友人関係上, 有効活用できていると思われた。一方, メール使用に関係して情緒不安を経験している者も約半数あり, メールの使用頻度が高い者ほど, 生活時間が不規則になったり, ケータイなしではやっていけないと感じるなど, 心理的な依存のリスクが潜在している実態が明らかになった。生徒自身が意識している問題点を手がかりに, 上手な使い方について考えるためのメディア教育が必要と思われた。

The proportion of having keitai (Japanese mobile phones and/or PHS) has increased rapidly also in young children. To research how junior high school students use their own keitai and to examine the impact of using it on their psychology, especially on their friendship, we recruited 651 students, grade 8, from 5 junior high schools in metropolitan area. Each student participant completed a questionnaire that we had made originally. The response rates were 88.8%(N=578) for the participants. The proportion of having their own keitai was 49.3%(N=285) and that of not having it was 50.7%(N=293). We found that they used it much more frequently as an e-mail function than as a phone. Most of them exchanged e-mails between schoolmates, and more than a half of them exchanged e-mails more than ten times a day. Sociable students estimated that their own keitai was useful for their friendship. But they experienced some trouble or started staying up late at night engaged in e-mail exchanges, and they thought that they could not live without their own keitai. Our findings suggest that keitai having an e-mail function play a big part in the junior high-school students' daily life, and its impact on students' friendships, psychology, or health should be discussed among students to prevent keitai addiction.

収録刊行物

  • こころの健康 : 日本精神衛生学会誌  

    こころの健康 : 日本精神衛生学会誌 19(1), 73-82, 2004-06-10 

    THE JAPANESE ASSOCIATION FOR MENTAL HEALTH

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ