自由画に表現された児童の心の特徴

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

造形活動による児童の心の発達促進という視点から, 小学校児童243名に「家族に対する自由イメージ描画」「自分に対する自由イメージ描画」の実践をした結果を報告する。「家族イメージ」が攻撃的, 自己否定的なものは, 保護者の放任, 過度の進学熱, 欲求不満, 父母の離婚を経験している。明るいものは安定した家庭である。「自己イメージ」も攻撃的, 自己否定的なものは保護者の放任, 過度の進学熱, 学校不適応, 母親の超多忙などの児童である。幸福感に満ちているものは進学塾などの時間に追われることなく, 自分のペースで生きている。「自由画に表現できない児童」もいるが, かれらは背後に大きな問題を抱えている。年々, 攻撃的, 暴力的, 自己否定的なものや, 表現できない児童が増加している。これらは児童を取りまく環境の変化に影響されている。特に過度の学歴偏重, 女性の社会進出に対する支援態勢の無さによる児童へのしわ寄せがある。

収録刊行物

  • こころの健康 : 日本精神衛生学会誌

    こころの健康 : 日本精神衛生学会誌 14(2), 14-24, 1999-11-30

    THE JAPANESE ASSOCIATION FOR MENTAL HEALTH

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

  • <no title>

    森谷寛之

    子どものアートセラピー, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    アリス ミラー

    子どもの絵, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    皆藤章

    風景構成法, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    徳田良仁

    芸術を創造する力, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    山中康裕

    風景構成法その後の発展, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    ルチア カパチオーネ

    アートヒーリング, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本描画テスト 描画療法学会編

    家族画による診断と治療, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本描画テスト 描画療法学会編

    変法家族画, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    D M カルフ

    カルフ箱庭療法, 1972

    被引用文献1件

  • <no title>

    クリスティアーネ ルッツ

    子どもと悪, 1985

    被引用文献1件

各種コード

ページトップへ