看護婦が受けたセクシャル・ハラスメント : 質問紙調査による実態の把握

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松岡 恵子
    • 国立精神・神経センター精神保健研究所成人精神保健部
    • 栗田 廣
    • 東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野

抄録

看護婦におけるセクシャル・ハラスメントの実態を把握するため, 看護系4学校の昭和56年度~平成6年度卒業生800名に対し, セクシャル・ハラスメントの経験に関する質問紙を郵送により送付し, 回収した。有効回答数は243名 (有効回収率は36.8%), 回答者はすべて女性であり, 平均年齢は29.1歳 (SD=3.7, 範囲21-37) であった。セクシャル・ハラスメントの経験が「ある」と答えたのは120名 (49.4%) であり, 最初にセクシャル・ハラスメントを体験した年齢は平均22.8歳 (SD=2.3, 範囲18-32), 最もひどいセクシャル・ハラスメントを経験した年齢は平均24.0歳 (SD=3.0, 範囲18-34) であった。最もひどいセクシャル・ハラスメントの加害者に関して, 性別は男性 (112名: 94.9%) が, 年齢は40代 (39名: 32.5%) が, 婚姻状態は既婚者 (77名: 64.2%) がそれぞれ最も多かった。また加害者を職種別 (複数回答) にみると, 医師が83名 (69.2%), 患者が39名 (32.5%) であった。最もひどいセクシャル・ハラスメントを受けたときの変化としては, 「解雇された」「望まない配置転換をされた」ものはいなかったが, 「精神的に負担になった」ものが40名 (33.3%) いた。これらの結果をまとめると, 本研究の対象となった看護婦におけるセクシャル・ハラスメントは, (1) 49.4%という高頻度で経験されており, (2) 加害者は医師が多く, (3) セクシャル・ハラスメントの種類としては職場環境型セクシャル・ハラスメントが多いことが明らかになった。

収録刊行物

  • こころの健康 : 日本精神衛生学会誌  

    こころの健康 : 日本精神衛生学会誌 13(2), 81-88, 1998-11-30 

    THE JAPANESE ASSOCIATION FOR MENTAL HEALTH

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ