胃癌術後に重症糞線虫症を発症した1例 A CASE OF GRAVE STRONGYLOIDIASIS AFTER TOTAL GASTRECTOMY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は北九州市在住の68歳,男性.胃癌に対する胃全摘術後約3カ月で著しい低栄養および経口摂取不能の状態となり,再入院となった.小腸生検結果で糞線虫症であることが判明し,ただちにthiabendazoleの投与を開始したが,敗血症によるDIC,多臓器不全が進行し,第18病日に死亡した.糞線虫は日本では沖縄県を中心とする南西諸島が浸淫地とされ,ヒトに経皮的に感染する.宿主の免疫能が低下した際には重症化し,死に至ることも少なくない日和見感染症のひとつである.本症例については,沖縄の居住歴はなかったが,15年前に糞線虫症の加療歴があった.糞線虫症は北部九州では稀な疾患であるが,浸淫地に居住歴がなくとも保虫者であることがある.外科術後に,原因不明の激しい下痢,低栄養などがみられた場合は本症の可能性も考慮にいれ,便検査,内視鏡検査など行う必要があると考えられた.

A 68-year-old Japanese man, who had undergone total gastrectomy for gastric cancer 3 months earlier, was admitted to the hospital because of appetite loss and high fever.<br> The biopsy specimen of the small intestine showed Strongyloides stercoralis and its eggs. Although 3g/day thiabendazole was administered, he died of septic multiple organ failure at the 18th hospital day.<br> Strongyloides stercoralis is often seen in Okinawa prefecture or the other Nansei Islands in Japan. It can induce fatal septic syndrome in compromised patients. This patient had not lived in Okinawa but had been treated for strongyloidiasis 15 years before admission. Even people who have not lived in rural tropical communities can carry the intestinal threadworm.<br> It is useful to examine the feces and to conduct endscopic biopsy when Strongyloides infection is suspected in a patient presented with severe diarrhea of unknown origin and malnutrition after surgery.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 66(10), 2464-2467, 2005-10-25 

    Japan Surgical Association

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018960932
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ