胆嚢結石による出血性胆嚢炎の1例 A CASE OF HEMORRHAGIC CHOLECYSTITIS DUE TO GALLBLADDER STONE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

出血性胆嚢炎は比較的稀な疾患である.今回われわれは胆嚢結石の経過観察中に胆嚢内出血を診断して手術を施行した1例を経験したので報告する.症例は71歳,男性.右季肋部痛,鮮血便により来院し入院となった.腹部超音波検査では胆嚢壁の均一性肥厚および胆嚢内の拍動性エコー像を認めた.また腹部造影CT検査では胆嚢内に点状に造影される部分を認めた.以上より胆嚢炎による胆嚢出血と診断して緊急入院とし,その後に進行性の貧血をきたしたため緊急開腹胆嚢摘出術を施行した.術中,胆嚢内から拍動性の出血を認めた.摘出胆嚢の病理診断は壊死性胆嚢炎であり悪性所見は認めなかった.術後,上行結腸皮膚瘻を認めたが絶食,中心静脈栄養による保存的治療にて閉鎖して退院となった.胆嚢出血においては診断が困難なことが多いが,迅速な診断が必要なことが多く,今症例では造影 CT と超音波検査により迅速に診断して,早急に手術することができた.

Hemorrhagic cholecystitis is a relatively rare entity. We report a case of bleeding within the gallbladder which was diagnosed by intravenously enhanced abdominal CT scan and ultrasonography (US).<br> A 71-year-old man was admitted to the hospital because of right upper abdominal pain and melena. Abdominal US showed homogenous thickening of the gallbladder wall and a low echoic pulsatile lesion pulsation within the gallbladder. Intravenously enhanced CT scan showed strongly enhanced point within the gallbladder. We diagnosed the case as hemorrhagic cholecystitis. Since heranemia progressed, an emergency open cholecystectomy was performed. During the operation, pulsating bleeding from the gallbladder was noted. The pathological diagnosis of the resected specimen was gangrenous cholecystitis and no malignant findings were seen. The diagnosis of bleeding from the gallbladder is difficult in many cases but prompt diagnosis is often required. Enhanced CT scanning and US are useful examinations for hemorrhageic cholecystitis.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 66(10), 2540-2543, 2005-10-25 

    Japan Surgical Association

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018961192
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ