腹腔内腫瘤にて発見された十二指腸球部粘液癌の1例 A CASE OF MUCINOUS CARCINOMA OF THE DUODENUM WITH ABDOMINAL TUMOR

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は83歳の男性,右側腹部痛を主訴として来院し,十二指腸潰瘍として保存的加療が行われた.入院時CTにて腹腔内に腫瘤がみられた.症状の軽減がみられず,上部消化管内視鏡再検査が施行された.十二指腸球後部における隆起性の周堤を伴う難治性潰瘍性病変から生検組織にてadenocarcinomaと診断された.手術所見は十二指腸球部から下行脚上部に限局した壁外へ隆起した腫瘤を認め,十二指腸部分切除術を施行した.切除標本では球部から下行部にBorrmann II型の外観を呈する粘液を有する腫瘍を認めた.病理組織学検査は辺縁にadenocarcinomaを伴った,主体は細胞外粘液産生の多いmucinous carcinomaであった.原発性十二指腸癌は比較的稀であり,なかでも壁外へ隆起した粘液癌であり,形態学的に珍しいものであった.

An 83-year-old man was admitted for right abdominal pain and an abdominal tumor was detected by CT scan, and endoscopic study revealed an irregular-shaped ulcer in the duodenal bulb. Endoscopic biopsy of the ulcer showed a histological diagnosis of adenocarcinoma. The duodenal tumor was partially resected. Macroscopically, the tumor which had mucus, was seen from the duodenal bulb to the second portion, with a Borrmann II appearance.<br> Histologically, it was diagnosed as mucinous carcinoma accompanied with adenocarcinoma. Mucinous carcinoma of the duodenum is rare in gastrointestinal carcinoma. Our case showed uncommon tumor growth of extramural progression of duodenal mucinous carcinoma.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 66(9), 2181-2184, 2005-09-25 

    Japan Surgical Association

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018961805
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ