両側に異常裂孔を認めた子宮広間膜ヘルニアの1例 A CASE OF BROAD LIGAMENT OF UTERUS HERNIA WITH ABNORMAL DEFECTS IN THE LIGAMENT BILATERALLY

この論文をさがす

著者

    • 宮澤 智徳 MIYAZAWA Tomonori
    • 新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器・一般外科 Division of Digestive and General Surgery, Department of Regenerative and Transplant Medicine, Course for Biological Functions and Medical Control, Graduate School of Medicine and Dental Science, Niigata University
    • 畠山 勝義 HATAKEYAMA Katsuyoshi
    • 新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器・一般外科 Division of Digestive and General Surgery, Department of Regenerative and Transplant Medicine, Course for Biological Functions and Medical Control, Graduate School of Medicine and Dental Science, Niigata University

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 66(9), 2287-2290, 2005-09-25 

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018962143
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ