Q.O.L. を高めるための審美歯周矯正 Esthetic and Periodontal Orthodontics for Improving Q.O.L

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

我々臨床家が歯科治療において目指すのは, 単に疾病を治療するのみではなく, 治療後の状態を持続させることである.それらは, 結果として患者の健康増進に寄与し, ライフステージにおけるQ.0.L.を高めることにつながる.<BR>近年成人矯正が増加する中で, 歯周, 審美を考慮した治療が求められる.歯周病や欠損歯列では, 歯牙が移動し, 顎位が偏位しやすくなるため, 咬合崩壊へとつながる場合がある.咬合再構築のためにも歯牙移動が求められる.<BR>矯正治療を行うにあたり, 形態や審美が改善しただけでは十分とは言えない.そこに機能の裏付けがなされて初めて保定やメインテナンスがしやすくなる.歯周病や咬合崩壊の原因を顎運動や発語等の機能から探り, それらを改善することが咬合の安定につながると考えられる.<BR>よい形態がよい機能を作り, よい機能がよい形態を作る.それらは顔の表情のみならず患者の精神状態まで変え、全身の健康によい影響を与えQ.0.Lを向上させる.

We clinicians aim not only to treat dental disease but also to keep them in good condition for long time. Our goal is to support patients to enjoy good health and to improve their Q.O.L. through teeth treatment.<BR>Adult orthodontics, which is increasing recently, requires more careful deliberation on periodontal treatment rather only esthetic one. In case of periodontal disease or missing arch, occlusal collapse sometimes occurs since teeth move and mandible replace easily. Therefore appropriate teeth movement for occlusal reconstruction is required.<BR>It is not enough to improve shape and esthetic in orthodontic treatment. Proper function is also needed for constant maintenance. We need to examine a cause of periodontal or other disease from mandibular movement or functions of pronunciation, and to treat them for more stable occlusion.<BR>Good shape makes good function and vise versa. They change patients' mental condition besides facial expression and improve their Q. O. L. by affecting their physical health.

収録刊行物

  • 日本顎咬合学会誌 : 咬み合わせの科学 = Journal of the Academy of Gnathology and Occlusion  

    日本顎咬合学会誌 : 咬み合わせの科学 = Journal of the Academy of Gnathology and Occlusion 25(1), 193-202, 2005-04-18 

    THE ACADEMY OF CLINICAL DENTISTRY

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018964757
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11582107
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13468111
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ