パラファンクションを考慮した咬合治療の実際 Occlusal Treatment Concidering Parafunction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日々の臨床においては, さまざまな患者が多様な主訴のもとに来院する.筆者もかつては, ナソロジーの咬合論を学び, 従来の咬合器の分析を主体にした臨床を行ってきたが, すべての症例が理論どおりにいくとは限らなかった.これには種々の原因が考えられるが, その大きな要因としては, 従来の咬合論が, 生体を咬合器に移し変えて限界運動路を分析することを中心に展開されてきたことにあると考えている.下顎運動の大半は嚥下, 発音, 咀嚼の機能運動である.生体は, 限界運動で咀嚼しないし, 限界運動と咀嚼運動とは別ルートである.そして, 咀嚼運動がもっとも咬合面形態と関係する.また, 不良習癖 (頬杖, 睡眠体癖, 偏側咀嚼, など) や, パラファンクション (無目的で, 無意識に行われる非機能的な口の動作: グラインディング, クレンチング, タッピング, 弄舌癖, 口唇をなめる癖, など) は, 下顎位に大きな影響を与える.<BR>今回は, 従来の咬合論では解決できなかったであろう症例に対し, 機能やパラファンクションを考慮して治療することにより, よい結果が得られたので, 症例を通して治療における審査のポイントや, 診断, 治療の実際を報告する.

Each day, patients come into my office with their dental problems. When I studied gnathology several years ago, I treated patients with the use of articulators. But this procedure could not be implemented in all cases. There are several reasons for this.<BR>The primary reason is due to the difference between the patients' varied masticatory processes and the rigid function of the articulator. The movements of the mandible serve several functions such as; swallowing, pronunciation, and mastication. These movements of human being are different from the border jaw movement of the articulator. The masticatory movements are mostly related to the occlusal pattern.<BR>The second reason is due to the mandible position being affected by different personal habits (resting one's chin, sleeping on one side, chewing on one side, etc) and parafunction (mouth movements without purpose or conscious such as; grinding, clenching, tapping, tongue habit or lip habit.)<BR>The following case report describe the success of treatment caused by considering function and parafunction such as examinations, diagnosis and actual treatment. I regard these cases would have failed according to former principles of gnathology.

収録刊行物

  • 日本顎咬合学会誌 : 咬み合わせの科学 = Journal of the Academy of Gnathology and Occlusion  

    日本顎咬合学会誌 : 咬み合わせの科学 = Journal of the Academy of Gnathology and Occlusion 24(2), 327-335, 2004-11-05 

    THE ACADEMY OF CLINICAL DENTISTRY

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018964940
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11582107
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13468111
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ