損傷腱の修復における求心性運動・遠心性運動の影響 : ラット膝蓋腱損傷モデルを用いて Effect of Eccentric and Concentric Exercise on Injured Patella Tendon in Early Phase of Healing

この論文をさがす

著者

    • 北岡 克彦
    • 金沢大学医学部 整形外科 Dept. of Orthop. Surg., University of Kanazawa
    • 岡野 智
    • 金沢大学医学部 整形外科 Dept. of Orthop. Surg., University of Kanazawa
    • 津山 健
    • 金沢大学医学部 整形外科 Dept. of Orthop. Surg., University of Kanazawa
    • 島 洋祐
    • 金沢大学医学部 整形外科 Dept. of Orthop. Surg., University of Kanazawa
    • 富田 勝郎
    • 金沢大学医学部 整形外科 Dept. of Orthop. Surg., University of Kanazawa

収録刊行物

  • 日本整形外科スポーツ医学会雑誌 = Japanese journal of orthopaedic sports medicine  

    日本整形外科スポーツ医学会雑誌 = Japanese journal of orthopaedic sports medicine 25(1), 26, 2005-06-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018965070
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10417570
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13408577
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ