TransFix System および脛骨吸収性スクリューを用いた膝前十字靱帯再建術後における骨孔拡大の検討 A Study of Bone Tunnel Enlargement after ACL Reconstruction Using TransFix System and Bioabsorbable Tibial Screw

この論文をさがす

著者

    • 高宮 尚武 TAKAMIYA Hisatake
    • 京都府立医大大学院 医学研究科運動器機能再生外科学(整形外科) Dept. of Orthop. Surg., Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine
    • 渡邉 信佳
    • 京都府立医大大学院 医学研究科運動器機能再生外科学(整形外科) Dept. of Orthop. Surg., Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine
    • 杉之下 武彦
    • 京都府立医大大学院 医学研究科運動器機能再生外科学(整形外科) Dept. of Orthop. Surg., Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine
    • 小林 政史
    • 京都府立医大大学院 医学研究科運動器機能再生外科学(整形外科) Dept. of Orthop. Surg., Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine
    • 久保 俊一
    • 京都府立医大大学院 医学研究科運動器機能再生外科学(整形外科) Dept. of Orthop. Surg., Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine

収録刊行物

  • 日本整形外科スポーツ医学会雑誌 = Japanese journal of orthopaedic sports medicine  

    日本整形外科スポーツ医学会雑誌 = Japanese journal of orthopaedic sports medicine 25(1), 37, 2005-06-01 

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018965081
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10417570
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13408577
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ