膝前十字靭帯再建術後の固定期間が術後成績に及ぼす影響 : 骨付き膝蓋腱を用いた症例について Clinical Results after Anterior Cruciate Ligament Reconstruction with the Patellar Tendon : Effects of the Duration of Postoperative Immobilization

この論文をさがす

著者

    • 守都 義明
    • 岡山済生会総合病院 整形外科 Dept. of Orthop. Surg., Okayama Saiseikai General Hospital
    • 今谷 潤也
    • 岡山済生会総合病院 整形外科 Dept. of Orthop. Surg., Okayama Saiseikai General Hospital
    • 野田 知之
    • 岡山済生会総合病院 整形外科 Dept. of Orthop. Surg., Okayama Saiseikai General Hospital
    • 津川 良将
    • 岡山済生会総合病院 整形外科 Dept. of Orthop. Surg., Okayama Saiseikai General Hospital

収録刊行物

  • 日本整形外科スポーツ医学会雑誌 = Japanese journal of orthopaedic sports medicine  

    日本整形外科スポーツ医学会雑誌 = Japanese journal of orthopaedic sports medicine 25(1), 191, 2005-06-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018965235
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10417570
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13408577
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ