飽和領域と抵抗領域で動作するOTAを用いた移動度減少の打ち消し手法 Mobility Reduction Cancellation Technique Using Two OTAs in Saturation and Triode Region

この論文をさがす

著者

    • 藤井 隼人 FUJII Hayato
    • 東京理科大学 理工学研究科 電気工学専攻 Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 兵庫 明 HYOGO Akira
    • 東京理科大学 理工学研究科 電気工学専攻 Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science

収録刊行物

  • 電気学会研究会資料. ECT, 電子回路研究会  

    電気学会研究会資料. ECT, 電子回路研究会 2003(91), 11-14, 2003-11-14 

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018969309
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10441815
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ