虚血性心疾患患者における口腔外科処置時の偶発症の検討 Complication after Oral Surgery in Patients with Ischemic Heart Disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 渋井 暁 SIBUI Satoshi
    • 岩手県立中央病院歯科口腔外科 Department of Dentistry and Oral Surgery, Iwate Prefectural Central Hospital
    • 工藤 啓吾 KUDOU Keigo
    • 岩手医科大学歯学部口腔外科学第一講座 Department of Maxillofacial Surgery I, School of Dentistry, Iwate Medical University

抄録

虚血性心疾患を有する歯科疾患患者は, 当科ではすべての心疾患患者の約50%を占めている。<BR>近年著者らは, 口腔外科処置を必要とし, 虚血性心疾患を有する患者の全身評価に, 著者らの作成した術前評価法を臨床に応用しているが, その評価法はマスターズテストの結果に危険因子を加算した方法である。昭和58年から平成7年までに当科で虚血性心疾患を有する患者の口腔外科処置で偶発症が発生した症例は5例であり, そのうち4例は著者らの作成した術前評価法では, マスターズダブルテストは陽性で, 危険因子は1-3個含んでいた。

Patients with ischemic heart disease account for about 50 per cent of all patients with cardiac disease in our clinic.<BR>We have recently used our own evaluating method for patients who have ischemic heart disease before oral surgery. In our evaluation method, we use the Master's test and risk factors, and combine the results. The incidence of complications during and after oral surgery was 5 cases among the patients with ischemic heart disease treated from 1983 to 1995. In 4 out of these 5 cases, Master's test were positive and 1-3 risk factors were added by our method.

収録刊行物

  • 有病者歯科医療 = Journal of Japanese Society of Dentistry for Medically Compromised Patient  

    有病者歯科医療 = Journal of Japanese Society of Dentistry for Medically Compromised Patient 4(2), 53-58, 1996-04-30 

    一般社団法人 日本有病者歯科医療学会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018997310
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10401297
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09188150
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ