脳梗塞後遺症により口腔衛生の自己管理が不可能となり歯科インプラントの除去が必要となった1症例 A Case Requiring Implant Removal due to the Incapability of Self-Maintenance of Oral Hygiene as a Result of Sequela of Cerebral Infarction

この論文をさがす

著者

    • 菊谷 武 KIKUTANI Takeshi
    • 日本歯科大学歯学部附属病院高齢者歯科診療科 Nippon Dental University School of Dentistry at Tokyo. Department of Geriatric Dentistry
    • 鈴木 章 SUZUKI Akira
    • 日本歯科大学歯学部附属病院高齢者歯科診療科 Nippon Dental University School of Dentistry at Tokyo. Department of Geriatric Dentistry
    • 包 隆穂 TSUTSUMI Takaho
    • 日本歯科大学歯学部附属病院高齢者歯科診療科 Nippon Dental University School of Dentistry at Tokyo. Department of Geriatric Dentistry
    • 稲葉 繁 INABA Shigeru
    • 日本歯科大学歯学部附属病院高齢者歯科診療科 Nippon Dental University School of Dentistry at Tokyo. Department of Geriatric Dentistry
    • 野村 篤 NOMURA Atsushi
    • 日本歯科大学歯学部附属病院インプラント診療科 Nippon Dental University Hospital at Tokyo. Department of Oral Implantology
    • 高森 等 TAKAMORI Hitoshi
    • 日本歯科大学歯学部附属病院インプラント診療科 Nippon Dental University Hospital at Tokyo. Department of Oral Implantology

収録刊行物

  • 有病者歯科医療 = Journal of Japanese Society of Dentistry for Medically Compromised Patient  

    有病者歯科医療 = Journal of Japanese Society of Dentistry for Medically Compromised Patient 4(1), 27-30, 1995-08-31 

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018997519
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10401297
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09188150
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ