高気圧酸素療法が奏効した急性動脈閉塞症による足趾潰瘍の1例 Successful Treatment of a Foot Ulcer due to Acute Arterial Occlusion with Hyperbaric Oxygen Therapy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大腸内視鏡検査直後に発生した急性動脈閉塞症による足趾潰瘍に, 高気圧酸素療法が奏効した1例を報告した。症例は高血圧, 狭心症の既往のある67歳の男性, 大腸内視鏡検査を受けた直後に右足のチアノーゼ, 疼痛が出現し歩行困難となった。発症10日目の皮膚科初診時には, 右足底末梢側はチアノーゼが強く, 血疱を認め, 足趾は壊死が進んでいた。右足底の皮膚生検では表皮全層の壊死と真皮深層の動脈に血栓塞栓像を認めた。MRアンギオグラフィーで右前脛骨動脈は途絶していた。プロスタグランジン製剤を点滴投与したが, 疼痛, 潰瘍, 壊死が改善しなかったため, 高気圧酸素療法を併用した。わずか1, 2回の治療で疼痛は著明改善, 計6回の治療終了後, 潰瘍は上皮化した。

We report a 67-year-old man with an ulcer on the right foot due to acute right tibial arterial occlusion. He had had hypertension and angina for several years. Just after examination for neoplasm of the colon, he complained of pain, pallor, and paralysis of the right foot. On the first visit, his right foot was cyanotic and had no palpable pulse, and digiti were becoming gangrenous. Histopathologically, necrosis of the entire epidermis and thrombi in the deep dermal artery was found. MR angiography showed occlusion of the right tibial artery. Results of treatment with intravenous prostaglandin were disappointing. However, the severe pain disappeared after only a few sessions of hyperbaric oxygen therapy. After six such treatments, the foot ulcer had healed.

収録刊行物

  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology  

    西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 66(6), 564-566, 2004-12-01 

    Western Division of Japanese Dermatological Association

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018999158
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00183881
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03869784
  • NDL 記事登録ID
    7295764
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-69
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ