腋窩発生しリンパ節転移を伴った巨大基底細胞癌の1例 A Case of Basal Cell Carcinoma of the Axilla with Lymph Node and Skin Metastasis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

79歳の男性。1989年の右腋窩に結節が出現した。近医にて液体窒素療法を繰り返し受けるうち, 同部は潰瘍化した。その後潰瘍は徐々に拡大し, 2002年7月頃より潰瘍は急速に拡大してきたため同年10月1日当科を受診した。初診時右腋窩に6×5cmの蚕食性の潰瘍を認め, 一部に白苔を伴っていた。潰瘍周辺には衛星状に黒色の小結節を認めた。生検にて基底細胞癌と診断し, 10月24日, 衛星病変を含め辺縁より2cm離し, 底部は肋骨骨膜上にて一塊に切除した。また術中迅速病理検査にて腋窩リンパ節に転移が認められたため, 同時に腋窩リンパ節を可及的に摘出, 創部は分層植皮により被覆した。術後4カ月後に右腋窩部に局所再発が認められたため追加切除を施行。経過観察中であるが追加切除後1年2カ月間, 再発は認められていない。

A 79-year-old Japanese man visited our hospital on October 1, 2002, because of a right axillar ulcer. In 1989 he had noticed a small nodule on the right axillar region. Cryosurgery with liquid nitrogen had been performed several times for the nodule, resulting in the formation of an ulcer. Three months prior to this visit, the growth rate of the lesion had increased. The ulcer was 6×5 cm in size and biopsy revealed basal cell carcinoma (BBC). There were regional lymph node metastasis and skin metastasis in his axilla. The primary tumor and metastasis were excised and covered with a split-thickness skin graft. The histological appearance of both the lymph nodes and cutaneous metastasis was the same as that of the primary tumor. Based on pathological examination, a diagnosis of metastasizing BCC was made. Four months after treatment, local recurrence was observed. However, 14 months after re-excision, there has been no recurrence.

収録刊行物

  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology  

    西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 66(6), 590-593, 2004-12-01 

    Western Division of Japanese Dermatological Association

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018999275
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00183881
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03869784
  • NDL 記事登録ID
    7295771
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-69
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ