溶血性C群連鎖球菌 (Streptococcus dysgalactiae subsp. equimilis) 感染に伴う敗血疹の1例 A Case of Septicemide Caused by Infection due to Hemolytic Group C Streptococcus (Streptococcus dysgalactiae subsp. equimilis)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 林田 清芽 HAYASHIDA Sayaka
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 西郷 しおり SAIGO Shiori
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 濱田 学 [他] HAMADA Manabu
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 師井 洋一 MOROI Yoichi
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 占部 和敬 URABE Kazunori
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 古江 増隆 FURUE Masutaka
    • 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University

抄録

症例は37歳の男性。1994年と2001年に大動脈瘤に対し, 人工血管置換術を施行されていた。2002年4月中旬に犬に手を咬まれたが放置していた。4月27日より40℃台の発熱が出現し, さらに5月1日には背部と両下肢の疼痛が出現し, ショック状態となり救急部に搬送された。入院後左大腿部背側, 両足背に淡い紅斑と手指に紫斑が出現し, 当科に紹介された。生検を行った結果, 皮下組織内に多数のグラム陽性連鎖球菌を認め, また組織培養, 血液培養で溶血性C群連鎖球菌(<i>Streptococcus dysgalactiae subsp.</i> <i>equisimilis</i>)が検出された。敗血症性ショックを合併しており, 皮疹はそれによる敗血疹と診断した。感染源として人工血管感染が強く疑われたが, 画像上断定できず, 多臓器不全で入院後18日目に永眠された。剖検の結果, 人工血管吻合部に膿の貯留を認め, 人工血管感染が原因であったと考えられた。

A 37-year-old male was admitted to our hospital in May 2002 because of severe pain in both lower extremities and the back accompanied by a 4-day history of high fever. He had undergone total aortic arch replacement for acute aortic dissection on 1994 and 2001. On admission, he had shock, disseminated intravascular coagulation and acute renal failure. Furthermore, he developed erythema on the left thigh and both feet and purpura on his right fingers. A histopathologic examination of the erythema revealed the presence of many neutrophils and gram-positive bacterial colonies in the subcutaneous tissues. β-hemolytic group C streptococcus (<i>Streptococcus dysgalactiae subsp</i>. <i>equimilis</i>) was detected from skin and blood cultures. The diagnosis of septicemide was confirmed. Imaging tests failed to detect the primary focus of the infection, and the patient died on the 18th day of hospitalization in spite of intensive care. Autopsy revealed the presence of abscesses at the patient's artificial vessel graft.

収録刊行物

  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology  

    西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 66(6), 594-598, 2004-12-01 

    Western Division of Japanese Dermatological Association

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018999299
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00183881
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03869784
  • NDL 記事登録ID
    7295772
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-69
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ