肺癌に対するゲフィチニブ(イレッサ^【○!R】)投与中に座瘡様皮疹を呈した6例 Acneiform Follicular Eruption in Patients Treated with Gefitinib : Report of Six Cases

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

肺癌治療のために選択的上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害剤であるゲフィチニブ(イレッサ<sup>®</sup>)を1日あたり250mg内服投与中に, ざ瘡様皮疹を生じた6例を経験したので報告する。程度は様々であったが全例ゲフィチニブ内服中に毛孔一致性粟粒大の紅色小丘疹, 小膿疱が主に顔面, 前胸部, 背部などに出現した。6例中1例は皮膚生検を施行し, 病理組織学的に真皮上層の毛嚢周囲にリンパ球を主体とした炎症性細胞の浸潤を認めた。

Gefitinib (Iressa<sup>®</sup>) is a new anticancer agent against lung cancer that acts by inhibiting signal transduction of the growth factor receptor. We describe six patients receiving gefitinib (250mg/day) who developed an acne-like eruption consisting of follicular papules and pustules on their faces, chests and/or backs. A histopathological examination of one patient revealed an inflammatory cell infiltration around the hair follicles.

収録刊行物

  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology  

    西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 66(6), 599-601, 2004-12-01 

    Western Division of Japanese Dermatological Association

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018999329
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00183881
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03869784
  • NDL 記事登録ID
    7295773
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-69
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ