馬油による皮膚の保湿効果の検討 Investigation of Skin Moisture Maintenance Using Horse Oil

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ヒトの皮脂の脂肪酸組成と近似し, かつ高いリノール酸を含む馬油による皮膚への保湿効果を検討した。健常な女性7名に対して馬油を塗布した効果, 角質層の水分量と油分量の増加が認められた。また, 塗布2時間後, 皮膚表面に残存油量の脂肪酸組成を調べた結果, リノール酸の含有量は明らかに減少傾向を示した。馬油の局部塗布による皮膚の水分量と油分量の増加は, 主にリノール酸が皮膚に吸収され, 皮膚バリア機能を維持するための保湿因子構造に充分な役割を果たさせたことによると考えた。以上のことから, 馬油を外用剤とした経皮補給は皮膚の健康維持と保湿に適していると考えられた。

The moisturizing effect on the skin of horse oil that resembles the fatty acid composition of human sebum and contains a large amount of linolic acid was investigated. Horse oil applied to seven healthy females was shown to increase water and oil content in the horny layer. Examination of the fatty acid composition of the oil remaining on the surface of the skin two hours after application revealed a clear decrease in linolic acid content. The increase in water and oil content in the skin due to local application of horse oil was an important contribution to the structure of the skin to maintain its function as a barrier, mainly as a result of absorption of linolic acid by the skin. These findings indicate that horse oil as a preparation for external use is suitable for maintaining the health and moisture of skin through percutaneous administration.

収録刊行物

  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology  

    西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 66(6), 621-624, 2004-12-01 

    Western Division of Japanese Dermatological Association

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018999364
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00183881
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03869784
  • NDL 記事登録ID
    7295778
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-69
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ