早期皮膚生検の必要性を痛感させられた皮膚平滑筋肉腫の1例 A Case of Leiomyosarcoma of the Skin in which an Early Skin Biopsy would have been Useful for Diagnosis and Treatment

この論文をさがす

著者

    • 長田 智子 NAGATA Tomoko
    • 琉球大学医学部医学科器官病態医科学講座皮膚科学分野 Division of Dermatology, Department of Organ-oriented Medicine, Faculty of Medicine, University of the Ryukyus
    • 野中 薫雄 NONAKA Shigeo
    • 琉球大学医学部医学科器官病態医科学講座皮膚科学分野 Division of Dermatology, Department of Organ-oriented Medicine, Faculty of Medicine, University of the Ryukyus

収録刊行物

  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology  

    西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 66(5), 474-478, 2004-10-01 

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018999515
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00183881
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03869784
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ