自動倉庫の入出庫スケジューリング問題に対する可変深度近傍を用いた発見的解法 A Heuristic Algorithm Using Variable Depth Neighborhood for the Input-Output Scheduling Problem in Automated Warehouses

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

In this paper, we propose a new heuristic algorithm for the Input-Output Scheduling Problem (IOSP) at large scale automated warehouses. The proposed method separates IOSP into two subproblems, the one is to arrange all given tasks into a good partition, and the other is to generate a good tour for each group. It searches the best grouping of tasks by variable depth neighborhood local search, generating the optimum tour for each test group by enumeration. The small group size in IOSP makes it possible to enumerate tours. The results of numerical experiments on the same instances that some existing method solved show that the proposed method well competes with existing one under the criterion that considers both schedule length and solution time.

収録刊行物

  • システム制御情報学会論文誌  

    システム制御情報学会論文誌 21(5), 135-144, 2008-05-15 

    一般社団法人 システム制御情報学会

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021018518
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1013280X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13425668
  • NDL 記事登録ID
    9495598
  • NDL 雑誌分類
    ZM11(科学技術--科学技術一般--制御工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-195
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ