QCM固定化細胞膜モデルの分解を利用した内分泌撹乱物質バイオセンサーとノニルフェノール検出への応用 Biosensor for the Detection of Endocrine Disrupting Chemicals Based on the Degradation of Cell Membrane Model Immobilized on QCM and its Application to the Detection of Nonylphenol

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 電気化学および工業物理化学 : denki kagaku  

    電気化学および工業物理化学 : denki kagaku 76(8), 535-537, 2008-08-05 

    電気化学会

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021027721
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00151637
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13443542
  • NDL 記事登録ID
    9609942
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-14
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ