外部反射鏡による Basin 型太陽熱蒸留器の性能向上 Increase in Distillate Productivity of Basin Type Solar Still by External Reflector

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田中 大 TANAKA Hiroshi
    • 久留米工業高等専門学校機械工学科 Kurume National College of Technology, Mechanical Engineering Department

抄録

内部および外部反射鏡を有するBasin型蒸留器を製作し, 福岡県久留米市において屋外実験を行った. 外部反射鏡は, 反射光を効率的に水盤に当てられるように前方にわずかに傾けた. 蒸留量の実験結果は数値シミュレーション計算結果とよく一致し, 水平面全天日射量が14.6MJm<SUP>-2</SUP>day<SUP>-1</SUP>の日に最大蒸留量の4.01kgm<SUP>-2</SUP>day<SUP>-1</SUP>が得られた. この蒸留量は, 反射鏡を用いない従来のBasin型蒸留器の蒸留量の計算値の約1.7倍である.

A basin type solar still with internal and external reflectors was constructed and tested in outdoor experiments in Kurume, Japan. The external reflector was inclined slightly forward to make the reflected sunrays hit the basin liner effectively. The experimental results and the theoretical predictions for the distillate productivity of the still are in fairly good agreement. The maximum daily productivity of 4.01kgm<SUP>-2</SUP>day<SUP>-1</SUP>was obtained on a day of 14.6MJm<SUP>-2</SUP>day<SUP>-1</SUP>global solar radiation on a horizontal surfac, and this daily productivity would be about 1.7 times as much as one predicted for a conventional basin type still without reflectors.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌  

    日本海水学会誌 62(4), 215-220, 2008-08-01 

    日本海水学会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021028349
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    9606200
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ