γ線及び中性子線照射場の構築 Construction of Gamma-ray and Neutron Irradiation Field

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

放射線医学総合研究所において,サーベイメータ校正と緊急被ばく医療時用線量計の試験を優先目的としたγ線及び中性子線照射場の構築を行った。照射装置には<SUP>137</SUP>Cs(7.4MBq,74MBq,740MBq,7.4GBq,74GBq),<SUP>60</SUP>Co(74MBq),<SUP>241</SUP>Am(3.7GBq),<SUP>241</SUP>Am-Be(185GBq),ダミーの合計9種の線源が装備されている。これまで,照射テーブル上の線量率,線量率の方向依存性及び距離依存性に関して実測による調査を行ってきた。線源から1m位置での1cm線量当量率は,γ線照射時には0.7×10<SUP>-6</SUP>から6.9×10<SUP>-3</SUP>Svh<SUP>-1</SUP>の範囲であり,中性子線照射時は1.3×10<SUP>-4</SUP> Svh<SUP>-1</SUP>であることがわかった。γ線源(中性子線源)に対する線量率分布の等方的分布からのずれの大きさは,3%(4%)以内であった。γ線源中心と球形電離箱幾何中心の間の距離に対する線量率の依存性においては,照射テーブル及び壁面からの散乱線の寄与のために逆二乗則からわずかなかい離が見られた。結果として,構築した照射場の性能は優先目的に対する要件を満足するものと考えている。今後の課題は,更に高精度な照射実験を行う利用者のために,照射場の評価,整備を進展させることである。

Gamma-ray and neutron irradiation field was constructed in National Institute of Radiological Sciences, primarily for calibration of survey meters and test of dosimeters that are to be supplied for radiation emergency medicine. This facility has nine irradiation sources:<SUP>137</SUP>Cs(7.4MBq, 74MBq, 740MBq, 7.4GBq, 74GBq), <SUP>60</SUP>Co(74MBq), <SUP>241</SUP>Am(3.7GBq), <SUP>241</SUP>Am-Be(185GBq), and a dummy. Experimental investigations about dose rates on the irradiation table, dose rate changes with angle and their dependence on distance have been performed so far. It is found that 1-cm dose equivalent rates at 1m from the sources were in the range from 0.7×10<SUP>−6</SUP> to 6.9×10<SUP>−3</SUP> Sv h<SUP>−1</SUP> in gamma-ray irradiation, and 1.3×10<SUP>−4</SUP> Sv h<SUP>−1</SUP> in neutron irradiation. The distribution of the dose rate from the gamma-ray(neutron) source changed at less than 3%(4%) from isotropic distribution. The dose rate dependence on distance between the gamma-ray source center and the geometrical center of the spherical ionization chamber differed slightly from inverse square law due to gamma-ray scattering by concrete walls and an irradiation table. As a result, it is considered that the constructed irradiation field has satisfying performance for the primary purpose. The future task is to advance the evaluation and maintenance of the irradiation field for more precise experiment.

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 57(3), 167-174, 2008-03-15 

    Japan Radioisotope Association

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021071490
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    9421890
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ