植物中の物質動態解析のためのβ崩壊核種を用いたリアルタイムオートラジオグラフィーシステムの開発 Development of a Real-time Autoradiography System to Analyze the Movement of the Compounds Labeled with β-ray Emitting Nuclide in a Living Plant

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 頼 泰樹 RAI Hiroki
    • 東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 放射線植物生理学研究室 Laboratory of Radioplant Physiology, Department of Applied Biological Chemistry, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
    • 菅野 里美 KANNO Satomi
    • 東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 放射線植物生理学研究室 Laboratory of Radioplant Physiology, Department of Applied Biological Chemistry, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
    • 林 芳武 [他] HAYASHI Yoshitake
    • 東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 放射線植物生理学研究室 Laboratory of Radioplant Physiology, Department of Applied Biological Chemistry, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
    • 大矢 智幸 OHYA Tomoyuki
    • 東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 放射線植物生理学研究室 Laboratory of Radioplant Physiology, Department of Applied Biological Chemistry, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
    • 二瓶 直登 NIHEI Naoto
    • 東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 放射線植物生理学研究室 Laboratory of Radioplant Physiology, Department of Applied Biological Chemistry, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
    • 中西 友子 NAKANISHI Tomoko M.
    • 東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 放射線植物生理学研究室 Laboratory of Radioplant Physiology, Department of Applied Biological Chemistry, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo

抄録

植物体の物質動態をリアルタイムで2次元的に解析できれば、植物の物質輸送、シグナル伝達のメカニズムをより詳細に明らかにすることが可能となる。そこで著者らは植物が生きたままの状態で、取り込ませたβ崩壊核種のRI標識化合物をリアルタイムでイメージング可能なシステムを新たに開発した。このリアルタイムオートラジオグラフィーシステムはCsIシンチレータをファイバープレートに蒸着したFOSとシングルフォトンを検出可能な超高感度カメラGaAsP imaging intensifierで構成している。このシステムの解像度(視野5×5cmの場合)はImaging Plateとほぼ同様であったが、単位時間あたりのラジオアイソトープの検出感度は10倍以上の高感度を示した。このシステムを用いた大豆の<SUP>32</SUP>P標識リン酸の吸収過程を画像解析した結果、葉の各部位における経時的な濃度変化の解析結果を解析例として示した。

Real-time imaging analysis in a living plant allows studying the mechanism of chemical transport or signal transduction more in detail. We present the real-time autoradiography system to analyze the movement of β-ray emitters in a living plant. The system was consisted of a FOS (a fiber optic plate deposited with CsI(Ti) scintillator) and a GaAsP imaging intensifier unit. Though the resolution is about the same as that of an imaging plate(IP), the sensitivity was more than 10 times higher than that of an IP. Using this system, <SUP>32</SUP>P movement in a young leaf of soybean was analyzed when <SUP>32</SUP>P was supplied from the root.

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 57(5), 287-294, 2008-05-15 

    Japan Radioisotope Association

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021071730
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    9511767
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ