統計的手法による放射性ストロンチウムの土壌-土壌溶液分配係数推定手法開発の試み A Statistical Approach to Estimate Soil-soil Solution Distribution Coefficient of Radiostrontium

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 石川 奈緒 ISHIKAWA Nao
    • 独立行政法人 放射線医学総合研究所 廃棄物技術開発事業推進室 Office of Biospheric Assessment for Waste Disposal, National Institute of Radiological Sciences
    • 高橋 知之 TAKAHASHI Tomoyuki
    • 京都大学原子炉実験所 附属安全原子力システム研究センター Research Center for Safe Nuclear System, Kyoto University Research Reactor Institute
    • 内田 滋夫 [他] UCHIDA Shigeo
    • 独立行政法人 放射線医学総合研究所 廃棄物技術開発事業推進室 Office of Biospheric Assessment for Waste Disposal, National Institute of Radiological Sciences
    • 田上 恵子 TAGAMI Keiko
    • 独立行政法人 放射線医学総合研究所 廃棄物技術開発事業推進室 Office of Biospheric Assessment for Waste Disposal, National Institute of Radiological Sciences

抄録

土壌中の放射性核種の移行を評価するモデルパラメータとして,土壌-土壌溶液分配係数(K<SUB>d</SUB>)が用いられる。K<SUB>d</SUB>は土壌特性の違いにより異なるため,いくつかの土壌特性値からK<SUB>d</SUB>を推定する手法を開発することは重要である。本研究では,安全評価においてもっとも重要な核種の一つである放射性ストロンチウム(Sr)のK<SUB>d</SUB>推定手法の開発を試みた。K<SUB>d</SUB>は,日本各地から採取した142試料の農耕地土壌(水田63,畑79)についてバッチ収着実験から求め,土壌特性として,pH,陽イオン交換容量,置換性Ca濃度,粘土含量,土壌元素濃度,水溶性イオン・元素濃度などを測定した。まずK<SUB>d</SUB>値と各土壌特性との関係を明らかにするため積率相関分析を行った後,重回帰分析を行った。その結果,SrのK<SUB>d</SUB>に対しpH,置換性Ca濃度,土壌中Ca濃度,水溶性Ca濃度の4変数が大きく寄与していることが示された。

Soil-soil solution distribution coefficient (K<SUB>d</SUB>) is one of the important parameters in radiation dose assessment models for the environmental transfer of radionuclides. Since K<SUB>d</SUB> value varies with soil properties, development of a method for estimation of K<SUB>d</SUB> using some soil properties is useful. In this study, we estimated K<SUB>d</SUB> values of radioactive strontium using selected soil properties. We determined K<SUB>d</SUB> values of Sr for 142 agricultural field soil samples collected throughout Japan and measured such soil properties as pH, cation exchangeable content, exchangeable Ca, clay content, concentrations of major and trace elements in soil, and concentrations of elements and ions in water soluble fractions. The relationship between K<SUB>d</SUB> of Sr and each soil property was calculated using a product-moment correlation test. Then, we developed a method using multiple linear regression analysis to estimate K<SUB>d</SUB> values of Sr based on soil properties. Our results showed that pH, exchangeable Ca, Ca concentration in soil, and Ca concentration in water soluble fraction were the most important factors that contributed to estimation of K<SUB>d</SUB> values.

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 57(5), 295-303, 2008-05-15 

    Japan Radioisotope Association

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021071737
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    9511801
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ